読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【うまれるものがたり】

「うまれるものがたり」
              写真、文  繁延あづさ 

自然分娩、帝王切開、死産…
6つの家族の 「うまれるものがたり」

文章は少なく、
写真で、ものがたりが語られているような本です。

この本を見て、思います。

どんな上手な俳優さんが演じようとも

実際にいのちがうまれるその場に居て
そのいのちを迎える立場に立った人の

あの素晴らしい表情には
とても敵わないだろう。。

お母さんももちろんですが、
お父さんも、おばあちゃんも、
そして、小さなきょうだいも…

文章なんていらない、
その表情を見ているだけで感動する。

自然分娩だろうが、
帝王切開だろうが、
うまれかたなんて関係ない。

そんな本でした。。



「人は唯ぽつんとこの世に現れるわけではなく、誰もがつながりを持って、滔々たる流れの中にうまれてくるのだ…」
(著者、はじめに  より引用)

f:id:kanademaki:20160117005022j:plain